1. ホーム
  2. 防火対象物点検チェック

防火対象物点検チェック

防火対象物は規模や構造等によって、消防設備士又は消防設備点検資格者の免状保持者に、建物に設置されている消防設備の点検をさせなければなりません。以下の質問にチェックを入れていただくことによって、その建物は消防設備士による点検が必要なのかどうかを判定することができます。

その建物には消防設備が設置されていますか?

建物の延べ面積はどれくらいですか?

建物の用途を選択してください。

特定用途防火対象物

非特定用途防火対象物

※複合用途防火対象物でその一部に漫画喫茶、カラオケ、飲食店、介護施設などを含む場合を選択した場合

その建物に階段は設置されていますか?

※階段が1つの場合

消防署から点検命令の通達がありますか?

結果

こんな疑問ありませんか?

物件の点検料金はどれくらい?

建物の大きさ、設置されている設備を入力していただければ、 だいたいの料金が把握できます。
まずはシュミレーションで確認してみてください

料金シュミレーション

その建物は点検が必要?

防火対象物の規模によっては消防設備点検が必要ないことがあります。
まずは点検が必要な建物なのかチェックしてみてください!

早速チェックしてみる!

詳しいお見積りはこちら!

ここがわからない。
お気軽にお電話ください!

03-1234-5678

いますぐ無料お見積り!